健康に欠かせない乳酸菌の働き

乳酸菌とは

一口に乳酸菌といっても、実はたくさんの種類があります。 乳酸菌とは、ブドウ糖や乳糖など糖類を分解して乳酸を作り出す細菌をまとめた総称です。 ビフィズス菌ヤラクトバチルス菌などいろんな種類がいて、それらは乳酸菌の仲間なのです。 自然界に広く分布しており、人間の体内では主に腸に棲みついています。 食べ物の消化を助けたり、腸の状態を整えてくれたりするので人間に有益な菌として、 善玉菌と呼ばれています。

これに対して、たんぱく質を分解して有害物質を作り出したり、 病気の原因になったりする細菌を悪玉菌といっています。 さらに腸の中で優勢な側に味方をする日和見菌もいます。 腸の中で善玉菌と悪玉菌のどちらが多くなるかで健康状態にとても大きな影響がでます。

消化・吸収を助けて腸内環境を整える効果

乳酸菌はまず腸の中で食べものを消化して栄養を吸収するのを助けてくれます。 また便を肛門に向かって送り出してくれるので快適なお通じには乳酸菌の果たす役割が大きいのです。 便秘や下痢になっているときは腸の中のバランスがよくないときなのです。 腸の中で善玉菌が増えると乳酸を作り出して悪玉菌の働きを抑えてくれます。

悪玉菌は腸の中で有害物質や毒素を排出します。後々には高血圧やがん、老化などにつながります。 また悪玉菌の排出する毒素や有害物質が腸で吸収されて、 血流にのって全身をめぐると肌荒れを引き起こすことがあります。 乳酸菌は腸の中を酸性に保って、腐敗菌や病原菌が繁殖するのを抑える抗菌作用を持っています。 善玉菌を増やすことは健康維持や美肌にも役立ちます。

免疫力アップに役立つ効果

人間の腸の中は、食べ物が入ってくると同時に、細菌やウイルスが入り込む危険性があります。 そのため、防御のための仕組みを腸に作っているのです。 免疫システムに欠かせない白血球は約6割が小腸の内壁にいます。 乳酸菌は細菌やウイルスへの抵抗力を高めて、免疫力アップに役立ってくれます。 風邪や肺炎などいろんな病気の予防に役立ちます。

また発がん性物質が腸の中で合成されることを防ぐ抗ガン作用もあります。 腸というと栄養の消化・吸収のための役割を思い浮かべますが、 実は免疫のためにもとても重要な器官なのです。

ビタミンの生成

またややマイナーな働きとしては、ビタミンの生成があります。 乳酸菌がビタミンを作り出して体内に供給することで、健康に役立つというメリットがあります。

生きた菌も死んだ菌も役立つ

乳酸菌には生きたまま腸に届く生菌と、胃酸や胆汁で死んでしまう死菌とがあります。 生菌は腸の中で悪玉菌の働きを抑えて腸の中のバランスを取る働きを担っています。 死菌は食物繊維と同様、体内の老廃物や死滅した悪玉菌を吸着して 体外へ排出するという役割を担ってくれます。 死菌は善玉菌のエサになって善玉菌を増やすのに役立ってくれます。