乳酸菌で下痢を予防

便秘には乳酸菌といわれます。乳酸菌には腸内環境を改善する働きがあり、 腸内が酸性になって悪玉菌が棲みにくい環境が整い、善玉菌が増えます。 善玉菌が作りだす酢酸や乳酸などの刺激で腸の働きが活発になり便通がよくなります。

乳酸菌を多く含む食品がヨーグルトで、便秘解消のためにヨーグルトを食べている方もいると思います。 では、下痢のときに乳酸菌を摂取してもよいのでしょうか。 ヨーグルトを食べて下痢が悪化したということも聞きますが、 ヨーグルトで乳酸菌を摂ってもよいのでしょうか。

下痢には急性下痢と慢性下痢があります。 急性下痢は暴飲暴食をや冷えなどによる腹痛が伴う下痢です。 ウイルスや食中毒などが原因で起こることもあります。 慢性下痢は症状が2~3週間ほど続きます。多くの場合は過敏性腸症候群によるものといわれます。

過敏性腸症候群はストレスが原因といわれており、通勤中に突然お腹が痛くなる方が多くいます。 突然お腹が痛くなったときのために、どこにトイレがあるのかを詳しく知っている方もいます。

下痢の種類のよって乳酸菌を摂ってもよい場合とそうでない場合があります。 暴飲暴食や冷えが原因の急性下痢はヨーグルトなどで乳酸菌を摂取することを控えましょう。 さらにお腹を冷やして下痢を悪化させる可能性があります。 乳酸菌には下痢を改善する働きがあるので、乳酸菌を摂るならヨーグルトではなく、 サプリメントで摂るようにしましょう。

慢性下痢の場合は日ごろから腸内環境を整えておくことが下痢の予防になります。 ヨーグルトを食べて乳酸菌を日ごろから摂取しておくと腸内環境が整います。 しかし、冷たいヨーグルトを食べて下痢が悪化することもあるので注意が必要です。

その場合は、温めて食べるとよいです。 乳酸菌は死滅してしまいますが、死滅した乳酸菌にも整腸作用があります。 一口ずつゆっくりと食べるようにします。

ヨーグルト以外にも漬物や味噌などにも乳酸菌が含まれています。 温かい味噌汁ならお腹が冷えて下痢が悪化する心配がありません。 サプリメントの利用を考えてもよいでしょう。

サプリメントならお腹を冷やすことがなく、カロリーを気にせずに摂ることができます。 口から摂取した乳酸菌は腸に定住しないので、毎日摂取し続ける必要があります。 サプリメントなら手軽に飲むことができ、毎日続けやすいですよね。

/p> 乳酸菌は便秘にだけよいイメージがあるかもしれませんが、 腸内環境を改善して下痢を予防する働きもあります。 日ごろから摂取することで下痢の改善が期待できます。